PCMAXでのルーティン

PCMAXで、最後までいくルーティンを知る

 出会い系サイトに行ってみたって、ほんとうに会えるわけがないじゃん。
そういうひとは今でも少なくありませんが、ほんとうにやる気になれば、女の子と外で会うのは決して不可能ではありませんね。
 むしろ当サイトを参考にして機械のように行動するだけでも数字として表れるはずです。
しかし、やり方やッ知識がないと難しいと感じてしまうかもしれません。 
そういった何の知識もない人が行うと、実際に出会うところまでこぎつけるのは、難しいのです。

 

なぜそのような状態が起こるのか?
それはなぜか。ひとつにはやり取りのほとんどがメールのために、「どうしてもこの人と会ってみたい」とまで女の子に思わせるのがとても難しいからです。
これはもう、ある程度は仕方がないことですね。
小説家でもあるまいし、一般のサラリーマンがかくメールの文面ですから、そうそうひとと違うことが書けるわけがないんです。
奇抜なメールや、女の子をあっと言わせるようなメールでデートに持ち込もうというのは、はじめから考えない方がよさそうです。
 大事なのはメールの回数とタイミングでしょうね。
まめにメールを送り、タイミング良く切りだせば、何回かに一度はネット外でリアルな女の子に合うこともできます。
っていうか、こういう成功例がなければ、出会い系なんて面倒くさくてやっていられませんよね?

 

デートする約束を漕ぎ付けた先に考えること

 さて、首尾よく女の子とデートの約束を取り付けました。
こうなると、なるべくはやくいい関係に持ち込むために、デートを繰り返したいですね。だってこれが究極の出会い系の目的でしょう(笑)
 デート場所を考える必要がありますね。
初デートはどこにしますか?ここでひとつ、大きな声で言っておきたいのが、デート場所を女の子に決めてもらおうだなんてことは、絶対に考えないでください。
デートの場所は男が決める。これは、鉄則です。

 

デート先を自分で考えるワケ
 理由は二つあります。ひとつは、初めのうちのデートは、オトコ側のテリトリー内で行うほうが成功率が高いってことです。
場所も店も、いき慣れているところがいいですね。できれば、お店のオーナーとそれなりに顔見知りで、女の子を連れて店に入った時に、「やあ、こんばんわ」くらいのことがサラッといえると、なお良しです。
 これは女の子の立場から考えてみると、よくわかります。
店や場所に慣れた様子は、女の子から見れば、自信のようにも思えます。
先に立って、すたすたとお店にいけるのはカッコいいですよね。これが逆になったらどうでしょう。
 女の子の縄張り内でお店を選ばせると、先に立ってすたすた歩くのも、お店の人と挨拶するのも全部女の子です。
男としては、見せ場がまったくありませんね。これが許されるのは、女性側がすべての面においてリードしている場合だけです。
つまり、連れていってもらって、おごってもらって、エッチもさせていただく関係です。
まあこれでも、最終的な目的が達せられるからいいと考える度量の広いオトコならいいんでしょうけど。
あんまりいい気持はしないでしょう。それに、そんなのは全くのレアケース、ほとんどあり得ないことです。

 

男性側がリードすることは極めて重要

 このあたりは、出会い系に限らず女の子をやたらと上手く落とす男に共通のことなんです。最後のところで、必ずオトコ側がリードするっていうのが、女の子にはきくんです。理屈じゃないんでしょうね。女の子たちはよく、「イケメンがいい」だの「学歴がなくちゃいや」だなんていいますけど、それは全部オプションです。結局は、自分が頼れて、自分を甘やかしてくれる男のところにたいていの女の子は走って行くもんなんです。だからデートもよほど関係が煮詰まらない限りは、オトコ側がリードしたほうがうまく進むんです。

 

 出会い系は知り合うきっかけがネット上だというだけで、それ以外は普通に女の子と付き合うこととかわりません。
だから、これまで数回くらいは出会い系で女の子とあったけど、全然続かなかったという人は、このあたりが間違っているかもしれませんよ。
出会いはネットでも、いったん外で会うようになったら、後はおなじこと。
女の子に対しては、乱暴である必要はありませんが、つねにこっちからリードしましょう。それが女の子と継続して会い続けるコツですよ。