ナンパで簡単にHは嘘?ストリートナンパVSネットナンパ決定戦!

多くの女とHしたい場合ストナンとネットナンパ

追いかけてナンパ

 

急いで、答えを知りたい人もいると思います。
先に答えを言いますが、凄腕ならストナンの方が効率は極めて高いです。
ですが、多くの人は、ネトナンをした方が絶対に良いです!
理由を知りたければ、続きをどうぞ!

 

男性の中で、

 

できるだけ多くの女性とセックスしたい!!

 

って考えている人もいると思います。
気軽に女の子と遊びたいなーって考えた時に、真っ先に考えるのが、ナンパです。

 

ですが、ナンパってひとえによって様々です。

 

  • 街を歩いている人に突然声を掛けてナンパするストリートナンパ
  • コンビニの店員さんに声を掛けるシュチェーンナンパ
  • Twitterなどで声を掛けるネットナンパ

など。

 

この中でもナンパで人気があるのは、ストリートナンパ(ストナン)とネットナンパ(ネトナン)です。
この2つどちらが、効率的に女の子とHできるか気になりませんか?
今回は、現役ナンパ師の私が、ストナンVSネトナンについて考えていきたいと思います。

 

管理人のナンパ腕はどれくらい?

まず、この理論を語る私のナンパの腕について触れておきます。
ネトナンは、SNS系から始め、現在はPCMAXを中心にやっています。
腕は、記事を見てお察しくださいw

 

ストナンは、5年以上続けていて、一ヶ月で最高で即(H)した人数は18人。
当日Hできた人数の最高は3人です。

 

絶対捏造だろww

 

ってストをした経験がない人は思うかも知れません。
ですが、この数字は中堅クラスでしかありません。
凄腕さんは一ヶ月で30即している人も珍しくありません。

 

ちなみにですが、私は技術向上のためにいくつかのナンパ塾に受講した経験もあります。
20代モデルを昏睡させ乱暴した事で有名のRNAも受講しました。(胸糞悪かったので1日で辞めましたw)

 

 

一応証拠で、配布されたテキスト載せます。

 

RNAテキスト

 

これで、一応はこの人ストナンはしているんだなーって分かってくれたかと思います笑

 

ストナンVSネトナンより多くHできるのはどっち?

ストナンもネトナンも最高峰のナンパの腕を持っていると仮定した場合、

 

女の子の質と数共にストナンの圧勝です!!

 

ストナンの場合、仕事の帰りと土日の20日路上に立つ事で、毎月30即できる凄腕は、ガチで存在します。
しかし、ストナンで同じ時間を使った場合、毎月30人とHするのは、不可能です。

 

なので、最高峰の腕を持っている人同士で戦えば、ストナンの方が強いです。
しかし、これはあくまで、「最高峰の腕」の場合のみです。

 

この記事を読んでいる皆さんは、残念ながら現在「最高峰の腕」は持っていないと思います。
この場合、結果が逆転する可能性が大いにあります。

 

ストナンを始めた人の多くは挫折して辞めていく

ストナンの多くは挫折

 

手軽に女の子とH出来そうという理由で、ストナンを始める人は多いです。
ですが、始めた人の多くは3ヶ月以内に辞めてしまいます。
理由は、

 

辛いからです!

 

まず、見ず知らずの他人に突然声を掛けるという行為がとても辛いです。
街に出て声を掛けたくても掛けれない行為を地蔵と呼びます。
この地蔵する時間が、果てしなく続きます。
ナンパではなくて、人間観察して1日が終わってしまう男性も多いです。

 

そして、勇気を振り絞って声を掛けても待っているのが、

 

女の子ガンシカ!

 

当たり前ですが、多くの女性は、あなたのナンパを無視します。
中には、

 

  • ウザイです!
  • キモイです!
  • どけ!ブサイク!

 

などの暴言も吐かれます。
こんな状態が長時間続いて、あなたはストリートナンパを続けられますか?

 

おそらく多くの人は、結果を出すことなく挫折してしまうのです。
では、ネトナンではどうでしょうか?

 

ネトナンはストナンより挫折しにくい

ストナンが想像以上に厳しいのは分かってくれたと思うのですが、ネトナンはどうなのでしょうか?
ネトナンは相手の顔が見えないため、断られる恐怖が、緩いです。
なので、ストナンと違いガンガン女の子にアプローチできます。
ストナンもネトナンも女の子にアプローチをかけて始めて、結果がでます。

 

ほとんど、声を掛けれないストナンと抵抗なくバンバン女性にアプローチを掛けれるネトナン。
成果が出やすいのは明らかですよね。

 

ストナンはネトナンを極めてからでも問題ない!

ナンパを始めたいにしても、いきなりストナンを選ぶのは茨の道です。
確実にHしたいなら、ネトナンで自信をつけてからストナンをした方が、良いと思います。
実際、ネトナンから始めてストナンにシフトしているナンパ師は、継続的に続いています。

 

一ヶ月に30人とHは必要?10人ではダメなの?

ストナンの一部は単純にH出来た回数をゲーム感覚で競っています。
Hしたいからナンパしたいというよりも、

 

人から認められたい!

 

という動機が強いです。
これは、Twitterのタグ等で、

 

 

で、分かります。
考えて見てください、あなたは平日毎日働いています。
時には疲れて休みたいときもあるでしょう。
そんな中、毎回Hしたいという感覚が起きますか?
Hするということは当然お金も掛かります。
ラブホで宿泊すれば1万円掛かるでしょう。

 

正直お金がいくらあっても足りませんw

 

厳しいストナンパ事情

ストナンで結果を出せると、自分好みの子と知り合いH出来ます。
Hできる回数もネトナンとは比べものになりません。

 

ですが、それなり大きな代償もあります。
スト師(ストリートナンパ専門ナンパ師)は、大雨でも、真冬でも夏場でも、Hできる女性を探すために街にでます。
当然、坊主の時もあるでしょう。

 

そうなると、誰でもいいからHしたいという感覚になり、女性ならブスでもデブでもBBAでも声を掛けるようになります。
数だけ追うということはそういうことです。
毎回可愛い子とHするのは不可能なんです。

 

一方ストナンはどうでしょう?

 

  • 夏はクーラーの部屋でまったりナンパ
  • 冬はこたつの中でみかんを食べながらナンパ

快適に、女の子をナンパ出来ます。
ナンパ活動もテレビのCMや電車の待ち時間など有効に使うことで無駄な時間も有効活用できる。
デメリットとしては、会うまで本当の容姿が闇の点とストナンほど成果が出ないこと。

 

自分はどちらが良いかよく考えて、ナンパしましょう。
ちなみに私のネトナン戦場はPCMAXが多いです。

 

なぜかって?

 

効率よくHできるからです。
ネトナンはSNSや他出会い系もやっていますが、Hのしやすさだけ考えればPCMAXが1番強いです。



お名前

コメント

非公開コメント